教材について

オフィスビル

行政書士とは、あらゆる行政手続きのスペシャリストです。
会社設立や営業許認可をはじめ、契約書の作成などあらゆる書類作成や手続き代理が主な業務です。
また、自動車の登録や遺産相続・遺言状などに関しても扱います。
守備範囲が広いという点も、行政書士の特徴のひとつです。
行政書士が扱う書類は実に10000種類以上といわれています。
この行政書士の専門サービスを利用する大きなメリットは、法律に精通しているところにあります。
行政手続き書類の多くは、それぞれが書式や提出期限など細かい規定があります。
一方で、書類に不備がある場合は業務そのものが滞るおそれがあるため、全てを正確かつ迅速に済ませなければなりません。
こうした煩わしい手続きを確実に済ませることができる点が最大のメリットです。

難しい行政手続きの代理を担う行政書士の専門サービスを利用する際は、まず事務所選びからはじめます。
近隣の地域には大小様々な事務所があることでしょう。
行政書士は業務範囲が非常に広いことから、各々が得意分野を持ちます。
事務所のホームページなどに必ず記載がありますので、依頼内容と得意分野が合致する事務所から当たるとよいでしょう。
また、複数の資格を併せ持つ専門家も多くいます。
弁護士・社会保険労務士・公認会計士など他の士業の免許を持つ弁護士の場合は、これから長く付き合う上で何かと便利なこともあります。
とはいえ、もっとも重要なのは信頼です。
契約書や議事録の作成など、機密事項も共有することになりますので、心から信頼できる専門家に依頼するのが最も重要です。